副業としての結婚相談所|小規模から始めても大きな収益が見込めるビジネスの秘密


最近日本では独身の方が増えているように感じませんか?あなたの周りにも一度も結婚していない方がいませんか?

未婚の方は男女ともに増え続けており、この状況はどんどん深刻化していくと見られています。

「生涯未婚率」の大幅な増加は、景気の先行きは依然として不透明なままで、雇用の不安定化や、ワーキングプアーと言った収入の不安定要素が大きく影響しているのではないでしょうか? こうした不安要素を反映するかのように、2015年は男性23.37%、女性14.06%に達しています。

出典:結婚ムリ!? 一生独身の人の特徴とは~男性・女性別、覚悟、不安、割合~|「マイナビウーマン」

という通り、生涯未婚な方がどんどん増えています。

しかし、この独身の多さが逆にビジネスチャンスとなっているのです。つまり、結婚相談所ビジネスです。結婚したい男女をマッチングさせることで収入が得られます。

実は、結婚相談所ビジネスは、固定費があまりかからないので大きな利益を得やすいビジネスです。年間で副業としてもす100万円の収入を得ることも可能です。今回はそんな婚活ビジネスをご紹介します。

あなたにおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

婚活ビジネスとは?

独身の方の中には、「結婚したいけど出会いがなく、できない」という方がいらっしゃいます。

結婚相談所ビジネスは、そういう人たちを繋げてあげるビジネスです。出会いの場所を提供するだけでなく、礼儀や服装など相手に良い印象を与えるアドバイスなども行なっています。

婚活ビジネスの良いところは高い収益を安定的に稼げることです。先ほどもお伝えしましたが、現在は「結婚したくても出会いがない」という方が多いので集客がしやすい環境があります。

さらに最近では婚活アプリが続々とリリースされて市場も拡大しているので、ますます婚活ができる環境が求められるようになるでしょう。

このように、婚活ビジネスはこれから成長が見込めるビジネスですので、今から始める方にも十分チャンスがあります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

結婚相談所の開業方法

今回は結婚相談所の開業方法を簡単にお伝えします。ここでは主に、フランチャイズ加盟して結婚相談所を開業する場合について説明します。

開業資金について

開業資金は他のお店に比べて少なくて済みます。飲食店や塾などの教育関係のお店を開業しようとすると小規模のお店でも700万円以上はかかってしまいますが、それに比べると比較的少額です。

しかし、結婚相談所は費用を抑えれば200万円以下で開業することが出来ます。さらに地域によっては開業資金を一部負担してくれる場合もあります。

結婚相談所は始めた直後から爆発的に売り上げが出るビジネスではなく、徐々に売上が上がっていきますので、初期費用はなるべく抑えるようにしましょう。

開業までの流れは?

結婚相談所を開業するまで5つの段階があります。フランチャイズ加盟・事業計画・事務所の準備・研修・開業という流れです。この流れを詳しく説明していきます。

結婚相談所のフランチャイズに加盟

結婚相談所のビジネスを始めるに当たって、まず真っ先に行うのがフランチャイズ契約です。

もちろん、加盟しないでも開業自体はできるのですが、会員を全て自分で集めないといけません。会員の中から男女をマッチングさせる必要があるので、数人程度の小規模では全然ビジネスにならず現実的ではありません。

しかし、結婚相談所のフランチャイズに加入することで、その協会に所属している会員も利用できるようになります。あなたが集客してきた人を、その協会の会員の誰かとマッチングさせることで収入が得られるようになるのです。

事業計画

協会の会員を利用できると言っても、自分から紹介できる人を集客できなければ始まりません。そこで、どうやって集客するかといった事業計画を練る必要があります。

事業計画は婚活ビジネスに限らずビジネスを始めるにあたって最も重要な段階です。ここで、規模や集客方法、ターゲットの設定やサービスについて決めます。あとは収支がどれくらいになるかも予想しておく必要がありますね。

事務所の準備

一応、事務所は必要ですが、パソコンとインターネット環境があれば自宅でも開業することが出来ます。お客さんとはカフェで会うことが出来ますので、無理にお部屋を借りて経営を圧迫する必要はないのがいいところです。

研修

フランチャイズに加入すると、研修が受けられます。団体ごとにサポート体制も変わるので、気になる企業を探してみましょう。

開業

いざ開業です。結婚相談所は、一人でも自分の会員がいれば始められます。どんどん集客して、所属しているフランチャイズのネットワーク内の会員とどんどんマッチングさせていきましょう。

あなたにおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

結婚相談所のフランチャイズについて

結婚相談所のフランチャイズについては、どんな団体が存在するのでしょうか。いくつかここで紹介していきます。

日本仲人連盟(NNR)

日本仲人連盟では、フランチャイズ契約の開業資金が60万円からであり、他のフランチャイズと比較すると安く済みます。ロイヤリティもない分、ランニングコストも低くできるので、コストを下げたい人にはおすすめです。会員は50,000名程度です。

日本ブライダル・ソムリエ協会(JBSA)

日本ブライダル・ソムリエ協会では、良縁ネットという媒体の登録者のネットワークが利用できます。最短2日という短い期間で研修をすることができ、恋愛診断ツールでお客さんのデータが収集できるところが特徴です。恋愛教育という研修に重きを置いていて、開業後は勉強会やセミナー以外にも個人HPの作成をサポートしてくれます。開業資金としては、つけるオプションによって変わり、10.5万円~137万円がかかります。会員数としては約16,000名(提携先含め30,000名)です。

日本結婚相談所連盟(IBJ)

日本結婚相談所連盟は、東証1部という上場企業ですので、お客様から信用を得やすい団体です。研修制度やシステム提供も充実しています。開業資金としては150万円です。また、月額費用として、17,000円がかかります。会員数としては業界最大の60,000名以上です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ネームバリューと規模で選ぶなら日本結婚相談所(IBJ)

比較的準備するべき開業資金が大きいのですが、ネームバリューや事業規模で選ぶのであれば日本結婚相談所(IBJ)がおすすめです。

現在、日本結婚相談所連盟では6万名以上の会員がいます。会員数では10年で6倍増えており、現在も増え続けているためさらなる成長が見込めます。さらに連盟内の代理店同士であれば、協力体制で事業を行うことができます。結婚相談所のネットワークとして最大の規模の会員数を誇る分、稼ぎやすいのです。

実際どれくらい収益が期待できるのか、日本結婚相談所の収益モデルの一部を小規模、中規模、大規模に分けてご紹介します。会員数に対してどのくらい収益が出るかをお伝えします。

小規模での収益

小規模の運営は副業感覚で週末に仕事をするような規模となっています。

会員20名で月に1名会員を増やして成婚が月に0.5人になりますと、月会費が20万円で入会金、成婚料、お見合い費が10万円で月の売り上げが50万円になります。年間に直すと会員数が20名だけでも年間600万円の売上となります。

中規模での収益

中規模は一般的に専業として始めるような規模となっています。

会員数が100名の場合、月会費が100万円になりお見合い費と入会金で5名入会すれば50万円、月に2人成婚すれば40万円で合計が240万円となります。そうすると年間で2,880万円の売上になります。

大規模での収益

法人として運営するような大規模になると収益がどう変わってくるのでしょうか。

会員数が200名、月に入会者が10名で成婚が4名の場合。月額費が200万円でお見合い費と入会金で100万円、成婚料で80万円になりますので、月に480万円の売り上げが出ます。

年間にすると5,760万円の売上が出る計算ですので、カウンセラーを何名か雇うことも可能になるでしょう。

あなたにおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

まとめ

今回は婚活ビジネスと結婚相談所の開業方法についてお伝えしました。基本的にフランチャイズに加盟してビジネスを受けることになりますが、ネットワークを活用できるようになるだけでなく、研修や集客のアドバイスによってサポートを受けることもできます。今回紹介したフランチャイズのひとつである日本結婚相談所では無料説明会をやっているので、そちらでより詳しい話を聞く事も出来ます。まずは日本結婚相談所の説明会に行ってみてはいかがでしょうか?

Follow me!


あなたにマッチした副業が見つかるメルマガ

副業に興味があっても、「どれからやればいいかわからない」という状況ではありませんか?
あなたのライフスタイルやニーズに合わせた副業がこの無料メルマガで見つかります。
今なら「自分に合った副業」がすぐに見つかる『副業エニアグラム』を無料プレゼント!