副業初心者におすすめ。簡単でリスクが低い古本転売の始め方


筆者は現在ライターとして活動しているのですが、副業を始めた当初は転売ビジネスをメインで収入を得ていました。

当時は大学生でしたが月の平均月照は50万!経費を抜いて利益を出すとだいたい20万円くらいを毎月稼いでいました。サラリーマンの初任給を超えることもよくありましたし、大学生という身分を考えるとアルバイトをしている同級生よりもよほど稼いでいました。

転売ビジネスは、これから起業をしたい人や副業でお小遣い稼ぎをしたい人に最適なビジネスモデルです。

そして転売を始めるのであれば古本転売からスタートすることをお勧めします。なぜなら転売ビジネスの中でも圧倒的に利益を出しやすいジャンルだからです。

本記事では古本転売ビジネスで毎月20万円を安定的に稼ぐ方法をわかりやすく解説していきます。最後まで楽しんで読んでくださいね。

あなたにおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

古本転売をおすすめする理由

もしこれからあなたが「ビジネスをしたい!」「副業で収入を稼ぎたい!」と考えているのでしたらまずは古本転売から始めることをオススメします。

冒頭でお話した通りサラリーマンの初任給くらいの収入であれば比較的すぐに到達することができます。イメージとしては仕事帰りの時間や週末を活用すれば5万〜10万円、がっつり本業で実践すれば20万円くらいであれば軽く稼げます。ちなみに余談ですが、筆者の場合は最高で月に50万円くらいを稼いでいました。軌道に乗って人を雇ったり自分でネットショップを経営できるようになれば、それは立派なビジネスです。

実際に古本転売をやっていた人間からすると、メリットだらけのビジネスですね。古本転売は、これから副業を始めたい初心者が取り組むべきビジネスモデルです。理由は大きく4つあります。

初期投資が安く済む

まず一つ目が「初期投資が安く済む」ことです。転売ビジネスは商品を仕入れる量が多ければ多いほど売上が伸びるビジネスモデルです。よって資金力があるほど有利なのですが、始めのうちはそこまでの資金を持っていない方がほとんどだと思います。

例えば家電なども転売の商品としてよく売れるのですが、仕入れが最低でも数千円、高いものであれば数万円になるため初期資金として100万円は用意していないと始めることができません。

一方で古本は一冊の仕入れが数十円から数百円で済みます。ブックオフであれば1冊100円から仕入れることも可能なので、自己資金が1万円あれば十分にスタートすることが可能です

販売の回転がスピーディ

二つ目の理由が「回転が早い」こと(商品がすぐに売れやすい)。

例えば家電転売の場合、単価が高いので一つ商品が売れれば得られる売上が大きいのですが、回転率がそこまで良いわけではありません。商品によっては1年近く塩漬けにされる場合があるので、投資資金を取り戻すのに時間がかかるというデメリットがあります。

一方で古本の場合は回転率が非常に高いです。商品をAmazonに出品してから15分後には売れる、なんてことがよくあります。

回転率が良いので投資したお金をすぐに回収することができ、雪だるま式に資金を増やすことができます。

仕入れに困らない

三つ目の理由が「仕入れに困らない」ことです。

古本屋さんはどんな街にも1店舗はあります。ブックオフのような大型店舗であれば探せば何冊も掘り出しものを見つけることができます。

また理由2でお話したように、古本は回転率が早いです。それはつまり仕入れを行う古本屋さんの商品も入れ替わるスピードが早いということ。どんどん新しい商品が棚に並ぶので仕入れに困ることはありません。

家電の場合は古本ほど新しい商品が並びませんから、なかなか仕入れをしにくいというデメリットもありますね。

ビジネスの仕組みを知れる

最後の理由は「ビジネスの仕組みを知れる」ことです。これは古本転売特有の理由というよりは転売ビジネスそのもののメリットですね。

ビジネスの基本は突き詰めてしまえば「安く買って高く売る」ただそれだけです。転売ビジネスはまさにそれを体現したようなビジネスモデルで、転売を通してビジネスの基本の仕組みを学ぶことができます。

筆者自身も転売をやっていたころの知識が今現在で大いに役に立っていますし、知り合いの経営者さんも多くが転売ビジネスから起業しています。ビジネスモデルの勉強に最適なんですね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

古本転売の具体的なステップ

では、具体的な古本転売のステップをお伝えしましょう。

本記事では要点のみを絞って解説します。

古本転売についての詳しい考察や実践記録をしているブログなどはたくさんありますから、ぜひあなた自身で検索して情報収集をしてみてください。掘り出しものの仕入れ方などノウハウをたくさん知れるので面白いですよ。

ステップ1:まずはいらない本を売ってみよう

ステップ1は「まず自宅にある本を売ってみる」です。メルカリなどで自宅にあるいらない本をまず売ってみましょう。

このステップには

  1. 実際に売ることで転売の感覚を掴む
  2. 資金を調達する

という2つの目的があります。

「売る」という行為は、実際に体験をしてみないとなかなかイメージがつきにくいものです。本を売れば部屋の片付けになりますし、何より売って得たお金を使って商品を仕入れることができます。

ちなみにブックサプライがオススメです。高額で買い取ってくれます。

>>ブックサプライ

ステップ2:商品を仕入れてみよう

次は実際に商品を仕入れてみましょう。狙い目はブックオフなどの大型店舗の100円商品です。100円商品は扱う店舗によって査定の方法が違います。100円で売っていたものがネットでは1,000円で売れる、なんてことはよくあります。

また、もし資金に余裕があれば一緒にフィギュアなども価格を調べてみてください。フィギュアは古本の次に回転率が高い商品です。限定品のフィギュアなど、場合によってはプレミアム価格になっているものもあったりします。

古本屋で気になる商品を見つけたら、Amazonメルカリで検索してみましょう。もしネット上の方が販売価格が高かったら買いです。

ステップ3:仕入れた商品を売ってみよう

最後のステップはAmazonやメルカリで仕入れた商品を売ってみましょう。

売るときのコツはすぐに売れなくてもすぐに価格を下げないこと。同じ商品であれば安い順番に売れていきますので、安値で出品している商品が売れれば自然と売れるようになります。強気に売っていきましょう。

以上が簡単な古本転売のステップです。

あなたにおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

資金力がものを言う転売ビジネス

転売ビジネス成功の鍵は、資金力です。初期資金をどれくらい持てるかによって仕入れの量は変わってきますし、場合によっては古本以外の商品でも仕入れができるようになるかもしれません。

まずは自宅にある古本を販売して、自己資金を調達しましょう。本がそこそこある家庭なら2〜3万円くらいの良いお金になるので、そこで資金を調達して古本転売を始めるのが王道です。

>>ブックサプライで初期費用を手早く獲得する

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

初めてのビジネスに最適な古本転売、ぜひあなたも実践してみてはいかがですか!
まずは手始めに自宅にあるいらない本をブックサプライで売ってしまいましょう!

>>ブックサプライ

Follow me!


あなたにマッチした副業が見つかるメルマガ

副業に興味があっても、「どれからやればいいかわからない」という状況ではありませんか?
あなたのライフスタイルやニーズに合わせた副業がこの無料メルマガで見つかります。
今なら「自分に合った副業」がすぐに見つかる『副業エニアグラム』を無料プレゼント!