ライター直伝!副業ライターとして在宅の高単価案件を取得する方法


在宅でも旅をしながらでも生きていけるお仕事。それがライター

最近どんどん注目が集まる在宅ワーク。そんな中でもライターで開業する人がどんどん増えていますね。

フクモニのスタッフの一人は、ライターとして8年くらい活動していますが、非常に魅力的だそうです。

起きる時間も自分で決められますし、仕事も自宅。場所を選ばないですから自宅に飽きたら近所のおしゃれカフェでのんびり仕事をしたり、場合によっては離島の旅館でのんびり気分転換しながら仕事してたりします。旅行も自由。連休を避けて自分の行きたいタイミングに行けます。それでいて普通のサラリーマンよりも良いお給料を稼げるから素敵ですよね。

自由と収入が両立するストレスフリーな職業です。

もちろん、安定的に収入を得られるようになるにはある程度の訓練が必要です。仕事をこなして経験を積み、スキルアップしていけば徐々に良い仕事を取れるようになります。そこで身につけたライターとしてのスキルは、一生モノの財産になりますね。

そんな自由な生活を送れるようになるためには、高単価の案件が取れるようになるのが、ひとまずの目標です。ずっと低単価の仕事ばかりしていても、労働時間の割にはあまり稼げません。結果、会社員の方がマシだった…なんてことも。

そこで今回は、あなたが高単価の案件を取れるようになって、ライターとして自由な生活を手に入れるまでのステップをご紹介します。

あなたにおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ライターとして単価を上げるステップ

では、実際にライターとしてどんなステップで高単価の仕事を受注できるようになっていけばいいのでしょう?まずはそのイメージを掴んていきましょう。

ステップ1:ノウハウを学ぶ

まずはライティングに必要なノウハウを学習しましょう。本屋さんでライティング関係の指南書を読んで勉強します。

外注のライターにクライアントが求めるスキルは、実際はそこまでは高くありません。ライティングの指南書を2〜3冊読んで勉強すれば、誰でもお金をもらえる文章を書くくらいのスキルは身につきます。

ステップ2:仕事を受ける(ステップ1と平行)

ライターとして勉強を始めると同時に、仕事を探します。

ライティングの仕事は、求めるレベルが低いものから高いものまで幅広くありますので、まだ経験が浅くても十分に仕事は取ることができます。大事なのは、本で勉強したことを積極的に仕事でアウトプットすること。アウトプットするには、仕事をするしかありません。どんどんインプットしてアウトプットすれば、仕事のスキルはどんどん伸びるはずです。

仕事を探すには、最初のうちはクラウドソーシングを活用すると良いです。クラウドソーシングとは、業者が外注業務を請け負ってくれる人を探すサイトです。業者から様々な仕事が掲載されていますので、難易度に応じて仕事を受けることができます。以下にいくつか代表的なクラウドサービスを挙げておきますね。

クラウドワークス

業界最大手。ライターとして多種多様な仕事の依頼を探せる。

Bizseek

手数料が安いことで有名なクラウドソーシングサービス。クラウドワークスよりも案件の数は少ないのですが、手軽にできる案件も多く、クラウドワークスと両方使って行くといいでしょう。

サグーワークス

ライティング系の仕事専のサイトです。単価が良いです。プラチナライターというのに合格すれば、ある程度の高単価が約束されるので、実力を積むほど稼いでいけます。

実績を積む

クラウドソーシングで仕事を掲載している業者は、いくつかのプロジェクトを持っている場合も多く、たくさんの記事作成を必要としているケースが多いです。つまり、一回の仕事だけではなく、なんども受注の機会があります。

大切なのは、同じ業者から何回かに渡って仕事を受けることです。あなたの実力が付いてくると、業者としてもあなたのことを手放したくなくなってきます。そうすると、あなたに直接仕事の相談が入ってきやすくなりますし、単価をあげてもらうチャンスも生まれます。

また、クラウドソーシングサイトには、ライターの評価や実績が共有される仕組みがあるので、実績のあるライターは、他の会社からも直接仕事の相談も来やすくなります。

こうして、最初は低単価かもしれませんが、徐々にスキルアップしながら高単価の仕事を取れるようになるはずです。

コネを作る

本当に高単価の仕事は、クラウドソーシング上にはほとんどありません。というのも、業者から見たクラウドソーシングは、「低単価で仕事が発注できるけど品質もそれなり」という割り切った使い方をする場所だからです。

ですから、企業の売上を大きく左右するような、セールスレターやステップメールなどの重要な仕事はクラウドソーシングを使うことは滅多にありません。そのような重要で高単価の案件は、すでに知り合いのライターにお願いするか、人づてに紹介してもらったライターにお願いすることがほとんどです。

つまり、高単価の仕事を取っているライターはコネで仕事を取っているのです。このようにコネで仕事が取れるようになると、単価がかなり変わって来ます。1文字10円以上になることもあります(素人は1円未満)し、商品が売れた分の成果報酬制になることもあります。

このようなコネを作るには、異業種交流会、経営者が集まるイベントやライター同士の交流会などに顔を出すことです。また、自分のライター活動について情報発信するためのブログ、ホームページやSNSを作って適切に運用することで、仕事の依頼が舞い込んできたりします。

大事なのは中途半端な仕事をしないことです。いい加減な仕事をすれば、紹介するどころか、悪評が立って仕事が来なくなってしまいます

在宅で仕事ができると言っても、より高単価を目指すなら結局は人間関係が重要になってきます。よりワンランク収入をあげたいなら、チャレンジしてみましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ライターの悩み

ライターは自由とお金が手に入る非常に魅力的な職業ですが、同様に悩みもあります。「こんなはずじゃなかった!」とあなたがショックを受けないように、ライターが抱える悩みとその解決方法をお伝えしましょう。

単価が安い

1番の悩みは単価が安いことが多いこと。基本的にライターの業界は文字単価の仕事が多いのですが、実績のないうちはこれが非常に安いです。1文字0.1円〜0.3円が相場といったところでしょうか。生活できるようになるには、3円くらいの仕事を取らないといけません。

実績を積んでお得意さんがつくようになればこの単価も少しづつ上がるのですが、クライアント探しに手こずるとなかなか単価が伸びにくいです。

最初は仕事を見つけにくい

ライター業は在宅ワークの中でも簡単な部類の職業です。1年くらい勉強と実践を繰り返せば仕事として成立するだけのスキルは身につきます。

ただ、修行期間中はなかなか仕事を見つけるのも難しいです。また。仕事が見つかったとしても実績がないうちの単価は安いのは先ほどもお話した通り。あるスタッフがライターとして最初に取った仕事は時給に換算すると480円でした。最低賃金より安いですね。

はっきり言って「これも修行だ」と思って低単価の仕事もしばらく続けられるようでなければライターとして仕事をするのは厳しいでしょう。

稼げるようになるまでは決して甘い道ではないんです。一定の修行期間が絶対に必要で、そういった意味では料理人や職人と近いかもしれないですね。ただきちんとスキルを磨けば単価はドンドン上がっていきますし、仕事に困るということも無くなります。

飽きる

ライター業は、どこにも行かずに済む分、人によってはだんだん退屈に感じて来てしまうかもしれません。

そんな場合は、ライティング以外の仕事を探してみたり、取材が必要な案件を受けてみたりして、毎日の生活に変化をつけるようにするといいでしょう。

あなたにおすすめ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ちょっと人より書くのが得意な方向けサービス

もしあなたが、すでに一般の人よりも書くのが得意なのであれば、おすすめのサービスを紹介します。

最初のうちは、スキルがあっても知名度と実績がないので、クラウドワークスなどでは仕事が取りにくいです。そんなあなたには、サグーワークスがおすすめです。こちらのサイトは業界でも珍しいライティング特化のクラウドサービスで、それ故に高単価の仕事を見つけやすいのが特徴です。

プラチナライターという制度があり、テストに合格してプラチナライターになれれば最低文字単価1円が保証されます。最初のうちは、1円以上で仕事をとることが難しいので、合格すればぐっと収入が安定しやすくなります。

登録も無料ですので、ぜひ活用してみることをお勧めします。

まとめ

今回はライターとして高単価の仕事が取れるようになるための道のりを解説しました。

ライターとして高単価の仕事を取れるようになるまでは多少時間と努力が必要かもしれませんが、極めればこれ以上ないくらいに自由なライフスタイルが手に入る職業です。ぜひ、あなたも本記事を参考に高単価ライターを目指してみてはいかがでしょうか?

Follow me!


あなたにマッチした副業が見つかるメルマガ

副業に興味があっても、「どれからやればいいかわからない」という状況ではありませんか?
あなたのライフスタイルやニーズに合わせた副業がこの無料メルマガで見つかります。
今なら「自分に合った副業」がすぐに見つかる『副業エニアグラム』を無料プレゼント!